散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

人生の不平不満を、完全に解消する方法

ここ数年、僕は社会を憎んできた。上がらない給料、理不尽な要求、低所得な僕を見下し、会話もしてくれない女の子たち。

そのすべてが憎かった。

なぜ、僕よりあとに入社した、経理のバアさんが、事務所のイスでデカイ面をしてふんぞり返っているのだろう。

なぜ、僕ばかり仕事が多いのだろう。たいして給料も変わらないのに、なんでも出来る僕にばかり作業が降ってくる。

なぜ、女の子たちは、僕の食事の誘いを断るんだろう。良い車に乗っていないから? 給料が安そうだから? ちくしょう!

僕はもう、なにもかもイヤになっていた。思い通りにならない社会を呪い、正しく僕を評価しない世界を、粉々に粉砕したくてたまらなかったんだよ。

でも、きのう、フと思ったんだよ。

みんなが僕を見下したり、ちゃんと評価してくれない理由。それは僕が、雑魚(ザコ)だからじゃないかって

だって、本当に会社がダメなら、自分で起業して、ユニクロの柳井さんみたいにやればいいじゃない。スタートトゥデイの前澤さんみたいに、60億でバスキアを落札すればいいじゃない。

できない?

それは、僕が雑魚(ザコ)だから。

女の子が振り向いてくれないのは、僕にチカラがないからなんだ。知力も権力も、何もない男に、なんのメリットがあるんだ。

そうだ、僕は雑魚(ザコ)なんだ。

朝、目が覚めて、それに気がついて、洗面所へ行って顔を洗った。そして、鏡に映る自分へむかって言ったんだ。

おまえは雑魚(ザコ)だ、と。

そしたら、なんかスッキリした。

アタマのなかにあった、あついモヤがパーっと晴れて、視界がくっきりしたね。そうなんだよ。なんでそんな基本的なことを忘れていたんだろう。そうなんだよ。いろいろダメなのは、僕がザコだらなんだ。

いつの間にか、僕がちゃんとしてるって錯覚してたけど、僕はザコなんだ。だったら、雑魚はザコなりの戦い方があるじゃないか。

綺麗事じゃなく、泥臭くやれよ。
理想じゃなく、手を汚せよ。

ザコのくせに、正攻法で勝てるワケない。

僕はザコだ。


ザコらしく生きるぞ。