散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

全国の卒業生のみなさんへ、プライムスピーチをお届けします

2018年度、卒業生のみなさん、おめでとうございます。本日は素晴らしい門出の日にお招きいただきありがとうございます。ご家族の方々にも感謝申しあげます。この場に立てて光栄です。

はじめに、このスピーチの一報を受けたとき、私は辞退するつもりでした。たしかに私は、20年前、学業を修了し、卒業しました。それ以来、社会に貢献し、納税の義務に忠実であり、大きな過ちを犯すことなく、まっとうな社会人として歩んできました。

しかしながら、私は、未だ、なにも成し遂げていません。周りの大人が、順調にステップアップしていくのを横目に、私は階段の下で、足踏みしながら見あげていたのです。

つまり、今、皆さんの前に立っているのは、肩書のない、ただのパンツ好きなおじさんなのです。

そんな私から、みなさんにお話したいのは、莫大なコンテンツを楽しめる「プライム」についてです。ご存じのように、プライムは配送料が無料になり、お急ぎ便や日時指定も自由自在になります。

時間が自由になる。

それは、これから社会へ旅立つ皆さんの大きな助けとなるでしょう。また、プライムには、プライムセレクトのビデオ、映画、ドラマ、音楽、Kindleが見放題、聴き放題のオプションもついてきます。

さらにKindle端末では、毎月お好きな1冊が無料になります。たとえば、1000円の本を12冊買うと12000円ですが、プライム(年間3900円)にしておけば、12冊が3900円になります。もちろん漫画の最新巻でも構いません。

わたしはプライムをはじめて1ヶ月半ですが、すでに10000円以上のコンテンツを消費しました。

海外で人気のドラマ、ゲームオブスローンズを約60時間、ヴァイキングを約50時間、LOSTはまだ途中ですが、約10時間視聴しています。それから映画も6本ダウンロードしました。これら、ぜんぶひっくるめて無料です。

後ろにおられるご家族の方にも、ぜひお伝えしたいのですが、映画は過去の名作もラインアップされています。ゴットファーザー、極道の妻たちがオススメです。

これから、社会人として一歩を踏み出す、この瞬間に、歓喜とともにサインアップしましょう。プライム(Prime)には、最優先、最重要という意味が込められています。そうです。今日、新しい世界へ旅立つ門出は、あなたにとってのプライムです。

あなたのプライムです。

プライム! プライム! プライム!


Amazonは、今世紀最大の発明で、あなたの卒業を祝福しています。フィンテックの森に膨大なデジタルコンテンツを蓄え、電子マネーが風に舞い散るサクラのように吹雪いています。自動改札を抜けたその先では、あなたの求めるKindleBookが出迎えるでしょう。




プライム! プライム! プライム!


そうです。プライムです。

心配はいりません。お試し期間(30日)なら、ワンクリックで解除可能です。そのドアを開けて、その価値を、そのクオリティを、あなたの目で確かめてみてください。

卒業、おめでとうございます。