散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

LOSTの感想


LOSTという海外ドラマを見ている。

飛行機が墜落して、生き残った乗客がナゾの無人島でサバイバルする、というストーリーで、色んなキャラが出てきて面白い。年齢も性別も、国籍も違う人々が、それぞれの人生を背負って、その無人島で暮らしていくんだよ。

だけど、アナタハン事件のように、みんな野生化しないのが不思議。見た感じでは、男女比が6対4くらいで、女性が少ない。だから当然、女の子の奪い合いがはじまると思うのだけど、みんな紳士なんだよ。むしゃぶりつきたくなる美人なのに、誰も女の子を襲ったりしない。

まぁ、そこはドラマだからね。そこに特化してしまうと、番組として成り立たないから、大人の事情でみんなジェントルマンになっているんだ。


やっと20時間くらい見て、だいぶ進んできたのだけど、気になるのが、ちょくちょく新しい住人が増えてくるんだよ。

新しい住人というか、飛行機に乗っていた生き残りなんだけど、今まで一度も登場してなかったキャラが、唐突に出てきて驚いてしまう。

さっき見た回では、高校の先生が新キャラで登場したんだけど、いきなりダイナマイトで爆死してしまった。ナゾのハッチを開けるために、ダイナマイトが必要になって、それを調達しに行ったんだよ。そしたら、新キャラがドカーンと。ボムだよ、ボム。

まるで、爆死するために登場したみたいで、LOSTの演出家、なんでもアリなんだと思った。それでも、面白いからいいのだけど。


もしも僕が、無人島で暮らしてみたら、どうしよう。食料は魚を釣ってこようかな。お家は、木の上に作ったら安心して寝れるよね。マインクラフトみたいだ。

でも、病気になったらアウト。手術できる病院がなかったら、盲腸になっただけで死んでしまうんだよ。むかしの人々は、そんなふうにして、カンタンに亡くなっていた。

今、当たり前に受けている治療は、ちょっと前じゃ死にいたる病でもあったんだよ。そう考えると、僕らは本当に、良い時代に生きているんだ。