散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

偉くなるってなんだろう

コンビニの仕事はやることが多くて、レジの操作ひとつとっても、公共料金の収納やら、クレジットカード、ポイントカード、デビットカードまである。

商品が来たら棚に並べて値札もちゃんとしないといけないし、郵便物とかクロネコヤマトもやらないといけない。

それから、温度チェックや清掃、トイレ掃除やゴミだしもして、たまに駐車場もキレイにしておく。慣れたら、在庫管理して発注まで任される。そして、賞味期限をチェックして、終わりのない廃棄、廃棄、また廃棄…。

でも、コンビニバイトなんて、社会的地位は無に等しくて、真面目にやるのが苦痛になる。たまに、すごいデキる子もいて、その仕事ぶりなら、ちゃんとした会社に勤めたら、倍の給料がもらえるんじゃないかと思ってしまう。

偉くなるってなんだろう。

底辺の仕事しか、してないせいかもしれないけど、僕の知る限り、偉くなったら嫌な仕事をしなくてよくなる。

スーパーのアルバイトで、レジ打ちから責任者になったときは最高だったな。だって、レジ打たなくていいんだもん。いつでも座ってられるし、時間にも縛られない。お気に入りの可愛い子を優遇して感謝までされる。かわりに、忙しい時間は、おばちゃんを放りこんでおこう。

文句言ったって知るもんか。立場は僕のほうが上だ。偉くなれば自由自在なんだ。つまり、偉くなることのモチベーションって、誰もが嫌がるうえに、責任も求められる仕事を、自分がしなくてよくなることなんだよ。

本当に、お客様が神様なら、なんで下っ端に接客をさせるんだ。社長自らレジに立って、神様にペコペコしなよ。クレームに真摯に対応しなよ。高給の役員全員で店をピカピカに磨きたまえ。

嫌なんだろ?

やりたくないんだろ?

客は自分の稼ぎの養分でしかないんだろ?

結局、責任のあるところから逃れて、誰でもできる計算ばかりしている。そして、なにか問題が起こったら、そこに居た現場の人間に、責任をぜんぶ負わせて切り捨てればいい。

それが偉くなるってことなんだ。