散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

楽天からラッキーストライクの引き換え券×2が贈られてきたよ

自宅のポストをチェックしてたら、楽天ロゴの入った封筒が2通届いていた。

f:id:cild:20180514084640j:plain

同じ封筒だから重複したのかな?とおもったけど、よく見たら、1通は楽天銀行、もう1通は楽天カードからだった。

この前、楽天銀行を経由して400万円の資金移動をしたせいで、また投資とかローンの勧誘かと思ったけど、開いてみたら、タバコの引き換え券だった。

f:id:cild:20180514084730j:plain

銘柄はラッキーストライクで、なんとこの券を最寄りのローソンへ持っていけば、タダでタバコを1箱くれる。

それが2枚も!

f:id:cild:20180514084759j:plain

急いで有効期限をチェックしたら、5月20日まで。今日は13日だから、余裕で間にあうよ。

やったー。

夜中だったけど、さっそくローソンで交換してきた。

f:id:cild:20180514084824j:plain

f:id:cild:20180514084844j:plain

2つで800円もするのに、それが無料。

ありがたや、ありがたや。


なぜ贈られてきたのか?

なんで急に贈られてきたのか、思い当たるのはアンケート調査に答えたこと。

楽天では「楽天アンケート」という取り組みをしていて、ちょこちょこ回答しているとポイントが貯まる。だいたい、1ヶ月で100円くらいかな。そのアンケートの中に、タバコに関する質問があったから、それに回答した人に送られてきたんだと思う。

楽天アンケートには、チャットの座談会に参加すると、小一時間で8千円もらえる、なんてのもあるから、興味があったら調べてみるといいかも。

しかしこの頃、インターネットの情報商材化が加速している。

今まで、企業からテレビ広告に流れていた巨額のマネーが、個人情報とマーケティングリサーチにシフトしていると感じる。つまり、集めた情報がすぐにお金になるってことで、これはなにかのビジネスのヒントになるんじゃないかと思う。

今日はそんなところ