散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

サッカー惜しかった

きのうサッカー見た?

僕は見てない。寝ちゃってたんだ。惜しいことをしてしまった。

ベルギー相手に、前半0-0、後半0-2、から、3点取られて逆転負けなんだけど、不思議とすがすがしい気持ちでいる。だって、ワールドカップの本戦で、日本が欧州のチームと試合して、2-3の逆転負けして悔しがって泣くなんて、そんなシーン想像すらできなかった。

ホントに、僕がサッカーを知った35年前は、まさかそんな日がくるなんて、夢にも思わなかった。ワールドカップはキャプテン翼の世界だったから。

それが今や、南米や欧州の代表チームと、勝ち負けになるまで登ってきた。エベレストのふもとから、頂上が見えるとこまで、ボール蹴ってきたんだよ。

誇らしい。最高だよ。

そりゃ、まだまだだけど、いつか金色に輝くワールドカップを、アジアに持ち帰ってくれると信じてる。

4年前、本田が言ってた「個のチカラ」ってやつが、現実になった。それは、チームプレイとかじゃなくて、マッチアップしたとき、簡単に狩られる選手が、ひとりでもいたらダメってことなんだよ。

それを知ってるコロンビアは、ずる賢くマスコを狩りにきたけど、今の日本代表にウサギはいないんだ。マスコがそれを証明してくれた。

実際にピッチに立てばわかるけど、乾のミドルとか、本田の無回転とか、めちゃくちゃ距離ある。僕たちが蹴ったって、ゴールまでとどかない。

そんなプレーをしてるんだよ。
みんな良いプレーをしていた。

なんで、そうなれたのか。それは、日本中の、何百人、何千人という子供たちの、目標や夢があったからだよ。

SNSには、無責任で無知な批判があふれてるけど、もしも日本が、そういう人たちばかりだったら、日本サッカーは永遠に弱いままだったよ。

サッカーに無関心なのは構わないけど、足を引っ張るのだけはやめてほしい。


今日はそんなところです