散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

老化が止まらない

こんにちは!こんにちは!

昨日、さみしいとツイートしたら2ケタも応援メッセージが届いた。やっぱり、つぶやいてみるもんだよ。「ああ、またか」と思いつつも、寄り添ってくれる皆に感謝。

近ごろ、独り言のようだったから、やっと落ち着いた。これが心の平穏を取り戻すってやつなのかな。

ところが、そうやって冷静になると、そんなふうに満たされてまうと、忘れてしまう。大切な恩を忘れて「まぁ、そんなもんか」なんて、恩知らずな気持ちになってしまう。

そういえば、あのアイコンを見かけなかった。とうとう僕に見切りをつけたんだろうか。よかろう。よかろうもん。人にはそれぞれの、歩むべき道というものがあるからね。

僕らの人生は、あるところで交差し、またあるところで解けながら、螺旋を描いてゆるやかに昇ってゆく。たまにその軌跡を振り返って、懐かしく思いだす。それくらいが丁度いいんだよ。


前置きが長くなったけど、今日は老化について。

僕も、今年で43歳になってしまうワケで、人はみな平等に老いていくのだけど、スペックの低下が著しいんだ。

昨日は、プールお休みだったから、山道でランニングしたら、今日は、朝から背中が痛い。体重が増えたせいか、負荷に体がついてこない。

だからといって、軽めのトレーニングじゃ体重も減らないし、筋力が衰えたら、また腰を痛めてしまう。そのために、適度な運動の強度を模索している段階なんだ。太る、痛める、休む、太る、痛める、休む。この悪循環を、はやく抜け出さばければ…。

カラダとおなじく、脳の退化も進んでる。

言葉や単語が、とっさに出てこないなんてのは序の口で、それより忘れ物がひどい。たとえば、5つのアイテムを持って出るとき、絶対に1つは抜けている。

僕もくやしいから、今日こそは、絶対に絶対に絶対に絶対に!絶対に!絶対に!絶対に!絶対に忘れんゾ!と、オリハルコン並みの決意を固めるのに、やっぱり1個忘れてるんだ。

あと、お金の計算ができなくなってる。さっきも大ポカをして4千円無くしてしまった。合計して代金をもらおうとすると、たいてい間違えてる。商売が生業(なりわい)なのに、致命的な欠陥を抱えちまってる…。

いや、若い頃から注意力散漫で、それでも工夫してここまでやってきたんだよ。ミスや忘却に対抗する手段を、あの手この手で考えて、乗り切ってきたんだ。

それがもう、限界にきてる。

たとえば、10円+10円は20円だけど、最初にもらった10円から間違えてるんだ。計算式ではなくて、そもそも最初の10円を記憶できてない。認知のゆがみというか、前提の崩壊がおこってる。

そんなの、だれが止められると言うんだ!

道もよく間違える。そして、道を修正していると目的地を忘れてしまうんだ。ああ、致命的だよ。唯一、前向きなメリットは、記憶喪失のひとの気持ちがよくわかるってことぐらい。

どうしようもない、ポンコツになってしまった。

まだ、シングルタスクならやれるから、とにかく、ひとつひとつの事象に注力して、雑念を持たないようにしよう。

とにかく落ち着こう。

意識をクリアに保つんだ。