散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

人生オワッタ

サラリーマンは、気楽な稼業ときたもんだ

と、歌ったのは植木等だったっけ。それはどうでもいいんだけど、最近、深いため息ばかりついている。

仕事はルーチンワークで、もう作業でしかないし、趣味もインターネットも、プライムビデオで完結してしまっている。

人との付き合いもダルくて、女の子にも興味が薄れてきてしまっている。興味というか、欲求がそれほどでもなくなって、なんというか…

いや、そんな話はヤメておこう。

生まれたときからクソダサい僕だけど、恋人のことや性的な内容は、胸のうちにしまって、墓場までもっていくのが、人として最低限のデリカシーだと思っているからね。

とにかくもう、矢も尽き、刀も折れ、心がくじけてしまったんだ。

僕の休日なんて、布団のうえにパンツ一枚であお向けになって、天井の模様を見ているだけなんだ。最後のワールドカップで、ピッチに倒れて天を仰いだ中田英寿のように。

これから、僕の人生で、グッとガッツポーズしたり、コロンビアのように勝ち誇ったり、心の底から笑えるようなこと、あるのかな。

子供のころみたいに、走ったり、泣いたり、笑ったりできるのかな。学生のころみたいに、根拠のない万能感を感じられない。

おのれを知ってしまったんだ。イヤと言うほどに、自分の無力と、向き合ってしまったんだ。

僕はもう、このまま朽ち果てていく。体育座りで、萎えてしまった睾丸を見つめながら、頭を抱えて涙するのみなんだ。

どうしてこんな、カラッポになっちゃったんだろう。いつから抜け殻を被っていたんだろう。

どうして、どうして、どうして…。





ま、いいか。

高望みしてもしょうがないし、スクワットして、テレビでも見よう。冷蔵庫にプリンとガリガリ君もあるから。

気楽にやろう


f:id:cild:20180809111750j:plain