散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

本社がまる焼けになって笑った

ひさしぶり。

ちょっと会社で大きな事件があって、ブログを休止していた。これも、正直、書こうかどうか迷ったけど、近況をお知らせしておくよ。

実は、僕の働いている会社の、本社がまる焼けになった。

その日、僕は18時に退社していて、それから21時に出火したらしい。つぎの日、試しに本社へ見学へ行ってみたら、本当に燃え尽きていた。あたりには、火災現場独特の、あの強烈な異臭が漂っていた。

状況としては、建物のまわりは残っているけれど、内部が全焼していた。見上げた屋根には、ポッカリと大きな穴があいて、その向こうに、青い空と白い雲が見えた。

ふりかえれば7年まえ、先代の社長が急死してから、僕の会社では、嫌な出来事がいろいろあった。そのせいで「この会社では、なにがあっても驚かない」と思っていたけど、今回はさすがにド肝をぬかれた。

ボーナスが無くなったときも、こんな会社、燃えて無くなればいいと思っていたら、本当に燃えてしまうとは。

ちょっと笑った。


参考までに、弊社の、直近の沿革を紹介しておくよ。

7年前:創業者の社長が肺ガンで急死する
7年前:フランチャイズから謎のポンコツ社長が就任
6年前:98%の株をもっている株主が別府に逃走
5年前:倉庫が全焼する
5年前:社員のボーナスが廃止される
1年前:ポンコツ社長が交代
1年前:新社長がBMWを購入
半年前:資金がショートして、従業員に50万円を借りる
半年前:地銀に融資を断られる
最近:本社が全焼←イマココ


以前にも、このブログに書いたけど、創業者の社長というのが、けっこう変わった人で、わけのわからない部分も多々ある会社だった。

それでも、商売の利益を追求するという共通認識はあって、みんな、それなりにやっていたんだよ。

その、むちゃくちゃな社長が亡くなって、これからは、この会社も、普通の会社になると思っていたら、とんでもない方向に転がり始めて、今日に至っている。

本社には、ほとんどすべての商品が在庫してあって、それが全部なくなった。それでも、火災保険が入るだろうから、会社は自転車操業していくと思う。


僕はまた、ゼロから在庫を揃えないといけない。


だれを恨むワケでもないけど、何もかもが虚しい。