散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

無敵になる

小学生のころ、放課後に家でテレビを見ていたら、警察のパトカーで移送されていく少年の様子が流れていた。人をあやめた罪で捕まったのに、少年は殴られることもなく、乗り心地のよさそうなシートにゆうゆうと座っていた。それは罪人などではなく、むしろ多くの大人が少年を守っているように見えた。

たとえば僕が、ふざけたり騒いだりしたら、先生から叩かれ、反抗的な態度で従わなければ、大人は僕らを殴った。つまりは、何か悪事を働けば暴力が加えられるのは必然だった。ところが、少年が殴られた様子はない。叱責されるでも罵倒されるでもなく、ただ車に乗ってピクニックでも出かけるような雰囲気だった。

なんでだろう。なんで少年Aは殴られないんだろう。あんな大きな罪を犯したのに、なぜ無事でいられるんだろう。すぐさま引き倒されて、立てなくなるまで殴るべきじゃないのか。僕にはその矛盾がまったく理解できず、ただ混乱していた。

要するに、これから裁判があり、詳細が明らかになり罪が確定するまで、少年が殴られることはない。きっと、裁判官がちゃんと理由を聞いて罪を決定するんだ。だけど少年が殴られることはない。誰も少年を殴り倒すことはできない。司法は無力だと思った。

微罪なら理由も聞かずに殴られるのに、大きな罪を犯せば、警察や司法が耳をかたむけ理由を聞き、守ってくれる。僕はその現実を目の当たりにして、もしも将来、罪を犯さなければならないとしたら、世間が震えあがるような大罪をやろうと決めた。そして警察や司法の権力をもってして、暴力から身を守るんだ。