散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

沸騰した怒りを一瞬で冷ます方法

今年で43歳になる僕です。こんにちは。

実は僕、たまに人から

「見た目が優しそう。怒ったりすることある?」

と、言われます。

自分で言うのもなんですが、僕は、本当に優しい人間です。

人の嫌がることはしませんし、誰かが寂しそうにしていたら、そっと声をかけたりします。仕事でも、キツそうな人がいれば手伝いますし、みんなの嫌がる作業も、率先してやったりします。

誰かが傷つくぐらいなら、僕が盾になる!

そんなふうに思いながら、ずっと生きてきました。

だから、人から見ると、僕が怒ったりしない、優しい人に見えるんでしょう。


でも、それウソなんです。

実際、他人に優しく生きていると、めちゃくちゃストレスがたまります。当たり前ですよね…。自分の感情を犠牲にしているんですから。

そして、それが本当に限界にくると、コップから水があふれるように、感情が決壊します。

僕の場合、もう、ウガーーー!!っとなって、殺人的な怒りに荒れ狂います。

たまに、いますよね…。

それまでニコニコしていたのに、突然キレる人。

そう。

告白すると、僕は「突然キレるアブない子」なんです。

普通の人は、思春期のころに、自分の親切心とか、自分の自我とか、他人との距離感とか、そういう気持ちの矛盾に折り合いをつけて、オトナになっていくのだと思います。

でも、僕は、ヘンに頑固なところがあって、ずっと成長できずに、ここまで来てしまいました。

つまり、少年がポケットにナイフを忍ばせるように、僕は、ポケットに爆弾を抱えたまま、大人になってしまったのです。

それは、とても危険なことで、インターネットでなんでも手に入る、こんな世の中では、本当にヤバい。

幸い、その爆弾は、育ててくれた身内や彼女、穏やかな日本という国のおかげで、今日まで、爆発することなく、無事にきました。

こんな僕が、今日まで生きていられたのは、みんなのお陰です。


前置きはこのくらいにして、本題にはいりましょう。

沸騰した怒りを冷ます、という話しですよね。

もう、めちゃくちゃに叫びたいほど、怒っちゃうときって、ありますよね。

そんなとき、その怒りを冷ます方法、最近見つけました。

それは「動きをスローにする」ことです。

自分が、めちゃくちゃ怒ってしまったとき、その怒りを爆発させそうになってしまったとき。

まず、カラダの動きをストップ!

そして、すご〜く、ゆっく〜り、歩いてみてください。

ダンスのジャンルに、スロームーブというのがありますが、それに近いです。

とにかく、動作をゆっくりします。

すると、どうでしょう。

最高潮に達して、暴発寸前の気持ちが、みるみる収まっていくのです。

ゆっくり動いている自分が、なんだか滑稽で、笑いさえ出てくるではないですか!

本当です。

怒りっぽい人、ストレスがたまりやすい人。

そんな人は、ぜひ、この方法を試してみてください。

カーッ!となったら、スロームーブです。

理由はわかりませんが、なぜか気持ちが静まります。

お試しあれ。