散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

結婚に夢見すぎ「アンタの稼ぎが悪いからパートなんかしなきゃならないのよ!」

「結婚は現実だ」なんて、物知り顔のおじさんには言うけれど、今日は僕も、それをまざまざと実感したから書いていくよ。

ところで、巷(ちまた)では、40歳を過ぎて結婚してない男は、人格障害なんだって。だから、僕も、性格や精神が異常なのかもって、心配してる。

でも、それも裏返せば、結婚というものが、自分を真人間にするパスポート、あるいはライセンスになるってことなんだ。

つまり、結婚さえできれば、女の子に一人前と認めてもらえるし、子供も授かれば圧倒的に成長もできる。

孫氏いわく、わがままで野生に満ちた子を育てると、その苦労が圧倒的に自分を成長させる。したがって、子育ての苦労をしてないヤツは半人前って、マウントしてボコボコにもできる。

だから僕も、結婚のライセンスに、どうしようもないほど恋い焦がれ、狂おしいほど憧れてしまったんだ。


ところが、それは甘ちゃんだった。

さっき、ドトールでひと休みしていたら、となりのテーブルにいた、女子高校生グループの会話が聞こえてきたからなんだ。


アンタの稼ぎが悪いからパートなんかしなきゃならないのよ!

僕は、ずーっと給料が安くて、43歳になった今も、月の手取りは15万円。ボーナスはなし。だから、世間の「稼ぎが悪い」って言葉には、すごく敏感になってる。

それを、女子高校生くらいの、若い女の子が口にしたから、思わず聞き耳を立ててしまった。

どうも、その女子高校生グループの中の子の親が、夫婦ゲンカしたらしい。

そして、お母さんが口走ったのが

「アンタの稼ぎが悪いからパートなんかしなきゃならないのよ!」

って、セリフだったみたい。

たぶん、家事の分担とかで、言い合いになって、怒ったお母さんが、お父さんに言ったんだよ。


たしかに、お父さんがもっと稼げば、お母さんがチャチなパートなんかしなくていい。家事だって、パートなんか出なくてよければ、お母さんが余裕でできる。

それは、あまりにも正しくて、透き通るほどジャスティスで、つまり、正論すぎてグウの音も出ないってこと。

だけど、もしも僕が、結婚してケンカして、お嫁さんにそう言われたら、耐えられるのかな。しかも、子供の聞いてるところで、僕の稼ぎが悪いから、お母さんにコンビニでバイトさせて、娘には、割れたスマホでガマンさせてる。

やっぱり、稼ぎが悪いのに結婚したのは間違いだったかも。現実に、可愛い娘がドトールで泣いて、友達に慰められてる。

結婚、リスク大っきすぎる。

僕のちっぽけなスキルセットじゃ、不幸な結末しか見えない。

稼ぎの悪い者の宿命なんだ。

運命なんて信じないけど、僕の稼ぎが良くならないのは信じられる。プロミス。

生まれたときからのルーザーが、結婚したら急に勝てるようになるワケない。愛のチカラで賢くなるワケもない。


「アンタの稼ぎが悪いから」

あれから、あの言葉が、僕の深いところに刺さり、大きな根をはっている。

街を歩けば、稼ぎの悪い者共が、稼ぎの悪そうな顔色で、稼ぎの悪そうな目で働いている。あそこのアイツは子供の手を引いている。まさか、結婚のライセンスを持っているんじゃないだろうな。

その子は将来、割れたスマホを持つことになるぞ。そして、愛したお嫁さんに「アンタの稼ぎが悪いからパートなんかしなきゃならないのよ!」と、言われる運命にある。