散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

僕の給料が少なすぎる

高校を卒業したあの日「ビックになろうぜ」と肩パンチしながら、縁を切ったアイツらは、今ごろ、どこでなにしてるんだろう。

できらぁ、とばかりに、社会の荒波に飛びだして、はや25年。

いろんな事があったけど、ナニモノにもなれなかったなあ、なんて思いながら、給料明細を他人事のように眺めていた。


f:id:cild:20190511075115j:plain


繰り返すけど、43歳で、この額面。ボーナスもない。

嘘じゃない。

嘘であったら、どんなに良いのかな…

もしも僕に、お嫁さんと子供がいたら、チェックアウトになっていたんじゃないかな。

だから、結婚できなかったのは、むしろ正解なんだ。

コストで計れない家族の幸せとか、娘の寝顔や成長とか、幼子を抱えるやわらかい重みなんてものは、僕の人生から消失したナニカなんだ。

泣いてなんか、ないやい。

この、圧倒的な敗北感、伝わるかな。

きっと、人より劣っているという原罪が、僕を殺すんだ。